新株予約権の公正な評価

株式

新株予約権はストックオプションと呼ばれていて非上場会社の評価は、企業会計に精通している税理士に依頼すると公正な評価をしてもらえる。ストックオプション評価を行っている税理士は、税理士法人である場合が多い。税理士法人は複数の税理士が在籍しており、企業会計に精通している税理士が多いことが特徴である。企業会計に精通している税理士法人にストックオプション評価を依頼することによって、円滑に株式を上場することが可能になる。公正な評価をすると、新株予約権発行差止請求を未然に防ぐことができる。事業譲渡や企業買収の際にも評価は必要になる。税理士法人は、あらゆる目的の評価が可能である。

新株予約権は2002年4月の商法改正によって導入された権利であり、非上場企業が発行する株式を権利行使価格で買い付けることができる。新株予約権は非上場企業が株式を上場する時、事業譲渡をする際には評価額を算定することが必要になる。評価は公正に行うことが何よりも大切であり、不正な評価をすると新株予約権発行差止請求をされたり、贈与寄付金認定をされたりする場合があるので注意を要する。税理士法人は公正なストックオプション評価を行っており、安心して依頼することができる。また、ストックオプションを行うメリットは企業だけではなく付与対象者にもあり、頑張った分だけ利益を得ることが可能である。そのため企業の拡大化も上手く図ることができるといえるだろう。